安・近・短の旅行

日本旅行「赤い風船」

なんといっても観光は内需拡大にはなくてはならない物の一つです。
為替が円安傾向の時などは国内の旅行を見直すべきです。
平成27年3月14日はついに北陸新幹線が開業。宿泊と合わせたお得なプランが満載です。
JRとコラボされたプランが面白そうですね。北陸の温泉や信州の温泉でのんびりして新幹線で東京へシューっとカムバック。
我々にとっては懐かしい赤い風船のキャッチフレーズの
日本旅行さんの宿泊予約サイト 日本旅行「赤い風船」
を見て、
白昼夢に浸っていると、関西人に人気の旅行先はこれからでしたらやはり、カニ、カニと温泉がグッドです。そうです城崎温泉がおすすめです。
なんですが、安・近・短で言うならば温泉と宿泊はやめにしておいてカニだけ日帰りで
1万円ちょっと、日本海は香住へ、実はこちら香住はカニのブランド、おいしいカニに巡り合えることは疑いなし、あとはお土産代もって、大阪から出発、これがお得なプランです。



温泉、日本はいたるところに温泉有ります。
 関西日帰りプランは京都のお花見スポットで十円硬貨のデザインでおなじみの宇治の平等院桜めぐり、鳳凰堂は平成の大改修で化粧直しされ一見の価値あり。宇治川の桜満開屋形船で湯豆腐を食すとか。京都御所では春季一般公開、この日帰りプランは4月3日から4月7日まで。要チェックです。
 ゴールデンウィークの予定も関西圏ならばJR大阪駅からサンダーバードかなんかで北陸・富山まで上がって、鱒ずしを頂きながらそのあと新幹線で、北陸や中部地方の温泉地を巡りにめぐって、軽井沢ー東京とかいかがです。また、山陰の温泉秘湯巡りなんかも行きたいですね。
 次のシルバーウィークは南紀・白浜温泉で癒されましょう。有馬・道後と日本三古湯の一つの歴史ある名湯。この時期はサンマ、戻りカツオ、アオリイカ、太刀魚、伊勢エビ、それにからすみがよろしい。ちょっと南紀白浜まで電車でシュッ―と魚を食べに行ってきます。露天風呂に足湯、外湯巡りも楽しそう。それとこのシルバーウィーク明けはハロウィンパティ―でユニバーサル・スタジオ・ジャパンが熱い。仮装して大いに盛り上がろう。つづいては、ハロウィンの盛り上がりもいいけど、この時期は見逃せないのが紅葉です。
風流・みやびを満喫するなら奈良・京都を散策しよう。京都はお花見に続いて見どころ満載。清水寺の舞台からは絶景の紅葉が。金閣寺も見逃せない。実に枚挙にいとまがない。奈良へは鹿にあいに行こう。せんべいを食べさせて、優しい気分になれる。長谷寺、室生寺も押さえておきたいスポットですね。11月上旬が特に特に見ごろとか。日本旅行「赤い風船」全国紅葉特集をどうぞご覧ください。
さらにさらに、とうとうついに、北海道も安近短の旅行に仲間入り、北海道に新幹線が平成28年3月26日に堂々の開業です。これにより東京からおよそ4時間で到着できます。「いくらやウニの海鮮丼を食べに行こう。」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です